CAMPの敷居高く感じていない?道具編。

 

f:id:Ripcamp:20181004114120p:plain

 

 

CAMPの敷居高く感じていない?

誰もがcampをする時に考えるのが、どこのcamp場に行こうか。

道具を揃えないと行けないとかとか...

以外とcampをするまでにあれこれ決めたり、準備をしたりするのに

煩わしさや敷居の高さ感じてませんか?

 

考えすぎなくて良い

以外と世の中の人は、考えすぎてcampになかなか踏み切れて無いんです。

そう、多分イメージしがちなのが、camp場に言ったら周りのキャンパーは、

すごい装備や道具を揃えてから、自分も揃えないと!!と考えがち。

 

実は、私も少し当てはまる部分はあります。しかし、この思い込みにはまって

しまうと。無理に買い物をしてしまう傾向があります。

 

家族構成、Camp目的に応じて

Campは様々なスタイルがありますよね。ソロキャンパーや家族でわいわいキャンプ。

中にはバイクキャンパーなど。Campする人に取って全てが統一されたスタイルでは無い事を頭に入れましょう。

貴方がするCampは何Campなのかを今一度考えて見ましょう。

 

スタイルに応じた物は身近にある

では道具を揃えて行きましょう!!道具を揃えようと思うと、まず思い当たるのが大型スポーツ店で道具を揃える事ですよね。それも大事!!だけど、大型スポーツ店に真っ先に行ってしまうとテンションが上がり過ぎて、少々高いものでも「まぁいっかー」となって購入してしまいがちになります。

私がおすすめする道具の揃え方は....

100均

最近の100均は、あらとあらゆる物が揃えられており大型スポーツ店で購入しなくても格安で揃えられる物がたくさんあります。しかも、Campで使用する食材や調味料も揃えられるから、まずは100均に行くべし。

 

ネットと大型店(専門店)で探すべし

次にネットと大型店(ネット)で必要な物を購入する。ここで気を付けたいのがネットだけで購入する事。特にテントやタープ、シュラフと言ったサイズが伴う物は実物を見て購入する事をおすすめする。

実際購入して、いざ開封するのはCamp場に着いてからですよね。そこで、サイズが違ったーなんて事にならない様に、サイズが重要視される物は実物を見る様にしましょうね。

 

道具に頼らない事も重要

Campをする時に道具が多ければ多い程、事がすんなり進みますが。Campに慣れていけば道具を減らしながら、最低限の道具だけでCampを楽しむのも一つですね。Campって、家を離れて不自由な生活に身を置くわけなので、道具が揃い過ぎていてはCampをしている意味が無くなってしまいますよね。

でも、道具が無いと心配!!って方は回を重ねる事に道具をシンプルにしていけば、かっこいいキャンパーに慣れますよ。

 

今日はここまで、次回以降に続く。