有料CAMP場 無料CAMP場 何が違う? 無料編。

 

f:id:Ripcamp:20181004135217p:plain

有料CAMP場 無料CAMP場 何が違う? 無料編。

有料CAMP場紹介を前回記事で紹介しました。それに続きまして、今回は無料Camp場に付いての紹介をして行きたいと思います。Campしたいけど、野外なのにお金を払うのは...と思っていませんか?実は、私がこのタイプから入りました。

なんか、屋外だし...テントも持参だし...なんでCampするのにお金払うの??って感じますよね。もちろんお金を払わずに出来るCampは目の前にあるますよ。自宅の庭です!!

 

えっ!?自宅の庭!?そう、自宅の庭が一番いいんです。移動も、道具もすぐ準備できますからね。しかし、少しシチュエーションを変えたり、少しは移動して無料Camp場で、Campした人に向けて無料Camp場のメリットデメリットを紹介して行きます。

 

www.rip-camp-life.info

 無料キャンプ場のメリット

では、無料キャンプ場のメリットを紹介して行きます。有料キャンプ場に比べれば、もちろん受けれるサービスが減ってしまいますが逆の発想で、無料キャンプ場でしか味わえないCampスタイルが作れますよ。ではでは紹介します。

1.何より無料です。

そう無料です。無料Camp場は無料なんです。まずそこを抑えて置きましょう。無料と言う事は、有料Camp場で支払う利用料、2泊3日で家族4人の場合、約1万円でお釣りが帰ってく計算で行くと、そのお金が掛からないです。金額としたらありがたいですよね。

一部、市町村が運営しているCamp場では、管理費や水道費、数百円取られる場合がありますが、そこは無料ぐらいの感覚で行きましょう。

 

2.ある程度最低限の設備はある

Campをする時に、どうしても水の確保を必要ですよね。それと、トイレ。この2つは最低限設けられている所が多いです。水道とトイレがあれば最低限のCampは可能です。ただ、無料、もしくは市町村単位で運営しているCamp場は掃除が常にされていないので、そこは目を閉じましょう。

あと、トイレットペーパーが切れている事があるので、無料Camp場のトイレを使う場合は、紙を持参する事を忘れないように。

3.とても静か

何よりも、無料の次にメリットなのが静か。そう、無料Camp場は有料Camp場に比べて情報発信していないので、利用者が少ないです。静かなCampをしたいソロキャンパーなどには無料Camp場が、おすすめです。

4.チェックインチェックアウトを気にしなくて良い

無料Camp場は基本、チェックIN,OUTが自由です。時間に左右されず自然に身を任せながら、のんびりとCampできます。これが何より理想ですね。

 

以上がメリットと言える所ですね。では、次にデメリットを紹介。

 

無料Camp場のデメリット

無料Camp場は、そりゃ有料Camp場に比べると劣る事は多々あります。では主に何がデメリットなのか紹介します。

1.雑木や枯葉が多い

これは無料Camp場だから仕方ないと言えば仕方無いですが、管理が行き届いてません。でも、無料に来たのだから我慢我慢。

2.野良猫がいる

無料Camp場は、野良猫が住み着いてる所が多く感じます。猫ちゃん達が住み付きやすいのかな?または、Campする人が餌を与えたりしてある程度、餌にありつきやすいのかな?野良猫が住んでいる場合があります。

3.人通りが少ない

無料Camp場は、人気の少ない場所にある事が多いです。その為、人通りが少なく閑散としています。道具の管理などはしっかりしましょう。また女性一人でCampする場合などは気をつけた方が良いですね。夜は明かりも少ない為、トイレ移動などに小さめのランプは持って行きましょう。

 

と、大まかなデメリットはこんな所ですね。無料Camp場は基本的なサービスを受けれないので、デメリットがあって当たり前と認識しましょう。

 

まとめ

以上が無料Camp場のメリットデメリットです。初めてCampをする人で、無料Camp場を利用する人は、2人以上で行く事をお勧めします。いくら静かなCamp場でも、夜は寂しくなりますよ。

それでもお金は払わず、無料でCampしたい!!と言う方は事前に、無料Camp場の情報を収集してCampをしましょう。