基本のき。焚火コンロ紹介。

f:id:Ripcamp:20181012125014p:plain

 

基本のき。焚火コンロ紹介。

Campでやりたい事の一つが焚火ですよね。ソロキャンプで焚火してもいいし、仲間や家族、恋人と焚火をしながら語り合う。焚火の炎は心を落ち着かせてくれて、語りあいや自分を見直すには、もってこいのシュチュエーションですね。

 

では、そんな焚火をする時に必要になってくるのが、焚火コンロ。最近のCamp場は直接焚火が出来ない事は当然ながら、焚火コンロと地面との距離まで制限している所もあります。それは芝生を燃やさないようにこのようなルールが設けられています。では、どんなコンロがいいのか見て行きましょう。

 

UNIFLAME(ユニフレーム) ファイアグリル

ユニフレームのファイアーグリルセットは、私も長年愛用している製品ですね。もう、何年でしょうか??5年程経過してるけど、どこも悪くならず今でも愛用しています。仲間のキャンパーもこのファイアグリルを使用していて、2台目も同じ物を購入していました。それ程魅力ある商品ですね。

サイズも2種類ありますが、小さいサイズ目でも十分焚火にBBQに使えます。

材質もステンレスが使われている為に、錆びる心配は無いですが使用した後はちゃんと洗浄して保管しておきましょう。

 

ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル 683040

ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル 683040

 

 

笑's コンパクト焚き火グリルB-6君

今まさに私がポチろうと思っているのが、このアイテム。

もちろん前項にも書いた通り、ユニフレームファイアグリルを持っているんですが、最近ソロでするCampも増えて来て、ソロ用のグリルが欲しかったので、いろいろ調べていたらユニフレームファイアグリルに負けない一人用の商品が見つかったのでこちらを紹介します。

このコンパクトのグリルがあれば、小さな庭でも夕方焚火が出来そうなので、もう早く届かないかワクワクしています。

 

 ユニフレームファイアグリルと笑'sコンパクトの共通点

私がこの2点に注目している理由が、共通点が同じと言う事があります。

まず、使われている材料が同じステンレス製と言う事です。一般的にホームセンターで売られているBBQグリルなどはステンレス製では無い為に、水に弱く1年も使えば錆くれて長持ちしません。

もう一点が何よりも、使う用途が多岐にあると言う事です。焚火だけでは無くて、BBQはもちろん、笑'sなんて熱燗セットもあるんですよ。なので、長く見て製品が長持ちして遊ぶ用途が多岐に渡るのはキャンパーに取って最高ですね。

 

 だったり....

 

ユニフレーム FGポットハンガー 683323

ユニフレーム FGポットハンガー 683323

 

 こんな物まで...まだまだ遊べますね。

UNIFLAME/ユニフレーム ファイアスタンド2

コンパクトに持ち運びしたい人にはこちらがおすすめ。ユニフレームファイアスタンド2。グリル部分がメッシュになっているので軽量でコンパクトに作られています。

原産が日本製なのでメッチュの目も細かく、焚火していても下に落ちにくくなっています。類似品も多く販売されていますが、メッシュの目が荒く、火の粉が芝生の上に落ちてしまう心配がありますね。

軽量に作られていて焚火だけを楽しみたい人はファイアスタンド2で楽しまれてくださいね。

 

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064

 

 Let's 焚火!!!

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村