秋、冬。Campのすすめ。秋編。

f:id:Ripcamp:20181012095151p:plain

 

秋、冬。Campのすすめ。秋編。

季節が進み秋になると日中は少し暑いけど、とても過ごしやすい季節になりますよね。屋外で過ごしやすいとなれば、Campをするにあたっても最高!!もちろん、多くのキャンパーが様々なスタイルでCampを始めます。では、秋Campと冬Campの魅力を見て行きましょう。

秋Campの魅力

秋Campは日中ポカポカで過ごしやすく。夏程、汗をかいたりする事も無くなりますね。なのでフットワークも軽くなるので、行動範囲も広くなります。では、主に秋Campの魅力を探って行きましょう。

Camp出来るフィールドが増える

秋になると気温も下がり、Campをするフィールド。高度をあげる必要が無くなります。詳しく説明すると、夏場のCampは日中、夜ともに暑いですよね。なので私や多くのキャンパーは平坦地では無くて、少し高度を上げてCampを行います。

 

高度をあげる事で、日中は平坦地でCampをするよりも涼しく快適に過ごす事ができます。高度をあげる方法は簡単。近くの山で高度が高いCamp場に行く事ですね。

なので、秋になれば気温も下がり、さほど高度をあげる必要も無くなりCampしやすいフィールドが増えると言う事になります。

山々の変化を楽しめる

山々の変化を楽しめる。これは秋ならではの楽しみ方ですよね。秋の山は紅葉が進み、空気も澄んできてトレッキングをしたり写真と撮るには最高ですね。季節の変わりを感じられるのも秋が一番感じられます。私は写真や山々の風景を撮る事に没頭しますね。使用しているカメラはこちら。初心者でもいい絵が取れるし、ちょっと高度な技を出しながら撮影を楽しめる一台です。

 

 

焚火が楽しめる

もちろん、夏場も夜になれば焚火を楽しめますが。まだ夏場は夜も暑いので、焚火してる所には長居できないですよね。しかし、秋になれば夜は肌寒くなり焚火をするにも一番いい季節ですね。焚火の炎を見ながら仲間と語りあかしたいですね。

 

焚火の時はもちろん焚火台やトングなど必要最低限ですが、焚火人なら焚火エプロンや焚火グローブも必須アイテムですよ!!エプロンは火の粉が飛んできても、着ている洋服に穴が空くのを防いでくれます。

グローブは一瞬、二瞬??程度の時間ならグローブのまま燃えている木材や炭を持つ事が出来ます。それだけの装備があれば、周りから褒められます(笑)最近はおしゃれなエプロンも多く展開されています。

 

テンマクデザイン キャンプエプロン ネイビー

テンマクデザイン キャンプエプロン ネイビー

 

 

 

焚火エプロン (カーキグリーン)

焚火エプロン (カーキグリーン)

 

 焚火用グローブは基本的に革製品なので、使い続けて行くと味が出てきてかっこいいですよ!!私も一つの焚火グローブを愛着しています。

 

 

 

 

 

温泉を楽しめる

Campする人に取って、Camp場周辺が多くの温泉があるって事は珍しくありません。なので温泉巡りに適しているのも秋ですよね。夏は外気温も暑いし、温泉も暑い!!温泉巡りなんてできませんよね。ですのでCampをしながら温泉も楽しむにはこの秋が一番です。そんなCampをしながら温泉やシャワーを浴びた後は、体を拭くのに私は「セームタオル」を利用しています。普通のタオルだと乾きが遅いし、干すのが大変なので旅行やCampの時はセームタオルがおすすめです。

 

Speedo(スピード) セームタオル 暑さ対策 SD96T01 ブルー 大

Speedo(スピード) セームタオル 暑さ対策 SD96T01 ブルー 大

 

 まとめ

秋のCampは一年の中で一番魅力が詰まっています。その魅力を発見して感動するのもその人次第ですね。でも5感を削ぎすませて自然を全身で感じれば、新たな発見が見つかりますよ。最高の秋Campに出かけましょう!!